自動車販売店に依頼する場合

最も多くの方が車検を依頼しているのが最寄の自動車販売店ではないでしょうか。しっかりとした整備工場がある為、車検を依頼すると車検を受験する前に、最低でも法定点検を行ってくれます。もちろん不具合がみつかればすぐに整備してもらえますし、自動車の消耗品等もしっかりと交換してもらえます。こうした安心できる整備というメリットはあるのですが、その反面、整備費用が高くつくことがありますので、車検費用が割高になってしまうデメリットもあります。

車検代行業者に依頼する場合

車検代行業者に車検を依頼する最大のメリットは、やはりその車検費用の安さです。自動車販売店に車検を依頼する場合とは違い、整備は基本的な点検くらいなので、整備費用がほとんどかかりません。この点は車検費用がかなり抑えられるポイントですので、料金を安く車検を通したい方にはお勧めです。ただ、もちろん整備をせずに車検が通れば良いのですが、保安基準に適合せずに整備が必要となった場合は、もちろん別途整備費用がかかります。

ユーザー車検を利用して自分で車検を受ける場合

自動車検査には、ユーザー車検制度というものがあり、最寄の陸運局に自分の自動車を持ち込んで、車検受験の申請をすれば誰でも車検を受ける事が可能です。この制度を利用して車検を受ければ、車検代行業者に依頼するよりも更に安い金額で車検を通すことができるメリットがあります。自動車重量税、自賠責保険料、受験手数料という車検を通す為に必要な最低限の費用で車検が出来る事が最大のメリットです。しかしもちろん保安基準に適合していないと、自分で整備をするか別途整備費用が必要になります。

車検が切れたとしても車検を通す事はできます。しかし車検切れの車は公道が走れないので、車検切れの車も対応しているプロに任せれば安心です。